未病(予防)医療を通して健康で生き生きとした長寿社会に貢献する

MCT Oil Diet 食事医学指導師 認定講座


血液検査データ

血液検査データ

身体の健康(機能)が正常に働いているかを調べる血液検査は、血液検査会社ごとに定めた標準値からはみ出した時に、どこかの臓器に異常があると判断されております。

血液検査データは正常範囲内か、範囲外か、などを知るだけではなく、生体内のどこかにどのような問題があるか細胞レベルで分析しています。正常と理解される標準値内でも、どのランク(低値・高値)にあるか、さまざまな角度より見ていくことが必要になります。

血液には様々な物資が含まれています。その数値を見ると身体の状態か分かります。

健康状態(栄養素の可不足)は、詳細な血液検査データから理解できます。

 血液検査データ(例)

検査項目

通常の考え

分子整合栄養医学の考え

AST(GOT)

標準値

あるいは低値

肝機能

特に問題なし

低値のとき

ビタミンB欠乏
を考える

ALP

肝機能

特に問題なし

亜鉛欠乏を考える

尿素窒素 

腎機能

特に問題なし

アミノ酸欠乏を考える


フェリチン

中〜低値

鉄欠乏を考える  



こちらから ⇒  試験合格者の体験記 

 




 
医療がかわる〜対症療法から根治療法・未病(予防)医療へ〜
 

 

[/]